Favorites English(US) USD
The selected language is unavailable.

沖縄本島の定番観光スポット8選!沖縄初心者におすすめ!

沖縄本島の定番観光スポット8選!沖縄初心者におすすめ!

2022-08-04 運営事務局

美しい海に美味しい食事、歴史的な建造物や文化などみどころが多い沖縄。本州では見られない大自然の景色やゆったりとした空気が魅力的で、全国的に見ても人気の観光地です。

沖縄には宮古島や石垣島など離島もたくさんありますが、今回は沖縄本島にしぼり、魅力的な観光名所を8ヶ所ご紹介いたします。

自然味あふれる場所からショッピングや食事を楽しめる場所、沖縄独自の文化が感じられる場所などさまざまです。

沖縄に行きたくなること間違い無しの記事になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

国際通り



国際通りは、たくさんのお店が立ち並ぶ沖縄で一番の繁華街。

通りの長さは全長約1.6km、お店の数は約600店と非常ににぎやかな通りです。

観光に便利な地域



デパートやレストラン、雑貨店、お土産屋さんなどの観光客を対象としたお店が多く、「人に優しい街・歩いて楽しい街」をコンセプトに、さまざまなイベントも行っています。

ホテルやゲストハウスも多く、沖縄旅行の拠点にするのも良いでしょう。

那覇空港からも近いため、帰りもぎりぎりまで観光できますよ。

おすすめ人気ショップ

国際通りにあるおすすめの人気ショップを3つご紹介します。

ブルーシール



アメリカ発祥のアイスクリーム店で、国内では沖縄を中心に店舗を展開しています。

バニラなどベーシックなものから、紅芋やシークワーサーなど沖縄ならではの味があるのもポイント。

ブルーシールでアイスを買い、そのまま国際通りを食べ歩きするのもおすすめです。

ガラス工房長七屋



沖縄の海を思い出としてもって帰れるように、そんな思いで生まれた「ホタルガラス」で有名なガラス工房です。

さまざまな色味が用意されており、その美しさはまさに時間や場所によって変わる沖縄の海そのもの。

旅行の思い出、お土産を探すのにぴったりのお店です。

宮古島の雪塩 国際通り店



「宮古島の雪塩」は、宮古島の海の塩で作られた商品を販売するお店です。甘じょっぱい味が魅力的で、宮古島の雪塩で作られた食べ物はクセになるものばかり。

女性に人気のスキンケア商品も多数販売されています。

<詳細情報>
名称:国際通り(コクサイドオリ)
電話番号:098-863-2755
空間・設備:食事、ショッピング、宿泊施設あり
URL: https://naha-kokusaidori.okinawa/

首里城



首里城は、かつて琉球王国の政治・外交・文化の中心として栄華を誇った場所。2000年には世界遺産に登録され、今では沖縄を代表する観光名所として有名です

琉球王国

琉球王国は、1429年から1879年までの450年間存在した国です。
中国や日本、東南アジアとの盛んな交易により育まれた独自の文化が特徴的で、その文化は現在の沖縄にも色濃く残っています。

2019年の火災により正殿が消失



2019年10月31日に火災が起こり、首里城の正殿を含む8棟が被害を受けました。

復旧は2026年を目指しているそうで、現在は「見せる復興」をテーマに、復元までの過程を公開しています。

正殿など本来の首里城の姿が見られないのは残念ですが、反対に今しか見れない部分も多くあります。

たとえば「御庭(うなー)」という広場は、一年中さまざまな儀式が行われ、首里城の中心に位置する部分です。

火災前は赤いタイル状の縞模様が印象的でしたが、現在はその下の石積みがむき出しになっており、今しか見れない貴重な姿になっています。

<詳細情報>
名称:首里城(シュリジョウ)
住所:沖縄県那覇市首里金城町1-2
電話番号:098-886-2020
営業時間:無料区域 8:30~18:00 / 有料区域 9:00~17:30
予算:大人 ¥400・中人 ¥300・小人 ¥160(6歳未満無料)
空間・設備:駐車場

沖縄美ら海水族館



沖縄美ら海水族館は「自然豊かな沖縄の海をそのまま展示する」をコンセプトにした水族館で、沖縄でも代表的な観光スポットの一つです。

コンセプト通り本当の海のようにとても広々としており、多種多様な生き物たちが飼育されています。

沖縄の海をまるごと体験



迫力満点の巨大水槽「黒潮の海」や、謎に包まれた沖縄の深海を再現した「深層の海」など沖縄の海をさまざまな形で表現しているのが魅力です。

1995年3月から飼育されており、世界最長飼育記録をもつジンベエザメや、世界ではじめて複数飼育と繁殖に成功したナンヨウマンタなど、ここでしかみられない生物も多数います。

周辺エリアも魅力満載



イルカショーが楽しめる「オキちゃん劇場」、人魚伝説のモデルとなったマナティが間近でみられる「マナティ館」、雄大なエメラルドグリーンの海に真っ白な砂浜が映える「エメラルドビーチ」など、周辺エリアにも魅力的な施設やイベントが多数用意されています。

<詳細情報>
名称:沖縄美ら海水族館(オキナワチュラウミスイゾクカン)
住所:沖縄県国頭郡本部町石川424番地
電話番号:0980-48-3748
営業時間:通常期 8:30~18:30(入館締切 17:30)/ 繁忙期 8:30~20:00(入館締切 19:00)
休館日:12月の第1水曜日とその翌日
予算:大人 ¥1,880・中人 ¥1,250・小人 ¥620・6歳未満無料(8:00~16:00)/ 大人 ¥1,310・中人 ¥870・小人 ¥430・6歳未満無料(16:00~入館締切)
禁煙・喫煙:禁煙
空間・設備:おしゃれ、落ち着いた空間。駐車場、コインロッカー、音声ガイドあり
URL:https://churaumi.okinawa/

青の洞窟(真栄田岬)



青の洞窟は、沖縄本島中部にある「真栄田岬」の崖の下にある洞窟です。

洞窟内部に差しこむ太陽光線の反射で海面が青色に輝くことから「青の洞窟」とよばれています。

沖縄本島で人気No.1のシュノーケリング、ダイビングスポッ



その美しさから沖縄でも随一の、シュノーケリング・ダイビングスポットとして人気です。

自然が作り出す幻想的な景色は奇跡的な美しさで、誰もが魅了されるでしょう。

洞窟ときくと薄暗いイメージがあるかもしれませんが、青の洞窟は太陽光線の影響でとても明るい空間になっているため、暗い場所が苦手という方でも安心してお楽しみいただけます。

熱帯魚も間近で見れる



熱帯魚と触れ合えるのも青の洞窟の魅力の一つです。

青の洞窟の外には熱帯魚が多数生息するポイントがあり、とても透明度の高い海ですのではっきりとその姿を目にすることができます。

映画「ニモ」で人気のクマノミや、海の中でゆらゆらとそよぐイソギンチャクなど、まるで竜宮城にいるかのような優雅な気分が味わえますよ。

<詳細情報>
名称:青の洞窟(アオノドウクツ)
住所:沖縄県国頭郡恩納村真栄田469−1
予算:¥3,000~
空間・設備:自然、熱帯魚、シュノーケリング、ダイビング可能

ガンガラーの谷



ガンガラーの谷は、自然豊かな谷間が人気の観光地です。

自然の神秘が感じられる場所



発掘調査によると、3万年前にはすでにこの場所に人間がいた痕跡が見つかっているそうです。しかしそのはるか昔からこの場所はあり、人類の歴史よりもずっと長い歴史をもっていることがわかります。

その広大さと神秘的な雰囲気は日常をわすれさせ、特別な時間になること間違いなしでしょう。

洞窟からカフェまで見どころ満載



雰囲気ある洞窟や洞窟内に作られた「ケイブカフェ」、広大な森、迫力満点の大木「ガジュマル」など、目を惹かれるスポットが満載です。

自然は感じたいけれど険しい山道などは怖い、という方でも気軽に楽しめる場所になっています。

ガイドツアーの予約必須

以前は無料で開放されていましたが、現在は自然保護や雰囲気を壊さないために、ガイドツアー専用の場所となっています。

ガイドのトークにも落語をベースにするなどこだわりが詰まっていますので、そちらもぜひお楽しみください。

<詳細情報>
名称:ガンガラーの谷(ガンガラーノタニ)
住所:沖縄県南城市玉城字前川202番地
電話番号:098-948-4192
予算:¥2,500(1名)/ 中学生以上の学生 1,500円 / 保護者同伴の小学生以下無料
空間・設備:自然、遺跡、カフェあり
URL:https://gangala.com/

宜野湾トロピカルビーチ



宜野湾トロピカルビーチは、宜野湾市真志喜の「ぎのわん海浜公園」内にあるトロピカルビーチです

観光客から地元の人にまで人気のスポット



海水浴はもちろん、マリンスポーツやバーベキューも楽しめるとあり、観光客から地元の人にまで愛される人気のスポットとなっています。

予約すればバーベキュー用品の貸出や、食材を用意してもらうことも可能です。

遊泳期間は4月下旬から10月末までと長いのも魅力的。沖縄の海を楽しむなら外せない場所となっています。

絶好の夕暮れスポット



宜野湾トロピカルビーチは、西海岸に位置していることもあり絶好の夕暮れスポットとなっています。

すぐ近くに遊歩道もありますので、散歩をしながら美しい夕暮れを眺めるのもおすすめですよ。

<詳細情報>
名称:宜野湾トロピカルビーチ(ギノワントコピカルビーチ)
住所:沖縄県宜野湾市真志喜四丁目2番1号
電話番号:090-4471-0581
営業時間:9:00~18:00
空間・設備:ダイビング、バーベキュー可能。駐車場、ロッカーあり
URL:http://www.ginowantropicalbeach.jp/

琉球村



琉球村は、琉球王朝時代の生活を再現したテーマパークです。琉球の文化や芸能、自然などさまざまな体験をすることができます。

さまざまな体験&アクティビティ



琉球村には国の登録有形文化財に指定された琉球古民家や泡盛の酒造所、水牛が働く製糖工場など、琉球王朝時代の文化が数多く残っています。

そしてそれらを見るだけでなく、アクティビティとして実際に体験できるのが琉球村の魅力。

琉球伝統衣装体験や三線教室など、ここにしかない体験が盛り沢山です。

まるでタイムスリップしたような感覚



園内には全部で10棟の古民家があり、そのうち8棟は登録有形文化財に指定されています。

民家の中まであがって見学することができ、琉球の伝統衣装を着たスタッフさんが出迎えてくれます。

ちなみに琉球村のスタッフになるには、沖縄の歴史をしっかりと勉強しなければいけないそうです。昔ながらの琉球への徹底ぶりがうかがえますね。

家の中には古い時計や古道具がいたるところにあり、まるでタイムスリップしたような感覚が味わえますよ。

<詳細情報>
名称:琉球村(リュウキュウムラ)
住所:沖縄県国頭郡恩納村山田1130
電話番号:098-965-1234
営業時間:10:00~16:00
予算:大人 ¥1,500・高校生 ¥1,200・小人 ¥600・6歳未満無料
禁煙・喫煙:禁煙
空間・設備:自然、さまざまな体験
URL:https://www.ryukyumura.co.jp/

壺屋やちむん通り



壷屋やちむん通りは、石畳が続く昔ながらの沖縄のおもかげが残る通り。老舗陶器店や博物館、カフェなどさまざまなお店が立ち並びます。

にぎやかな国際通りに比べ、静かでゆったりとした空気が流れた通りです。

焼物が盛ん



「やちむん」とは沖縄の言葉で「焼物」を意味します。厚いつくりに力強い柄が入っているのが特徴で、最近ではお土産としても人気です。

壺屋やちむん通りでは、そんな沖縄の焼物をあつかっているお店が数多くあります。シーサー作りや器作りが体験できる工房もありますよ。

お土産にもぴったりですので、ぜひお気に入りのやちむんを探してみてください。

やちむんで味わえるカフェ



焼物のお店だけでなく茶屋やカフェもあります。

風情あるあたたかい雰囲気にあふれ、ちょっとした休憩にぴったりのお店ばかり。色鮮やかな島野菜をいかした沖縄の郷土料理を、やちむんでいただけます。

ギャラリーを併設し、かわいらしい陶芸やガラス細工を販売しているお店もあります。

<詳細情報>
名称:壺屋やちむん通り(ツボヤヤチムンドオリ)
住所:沖縄県那覇市壺屋1丁目16
空間・設備:博物館、歴史的建築、カフェ、さまざまな体験あり
URL:https://tsuboya-yachimundori.com/

まとめ

今回は「沖縄本島の魅力的な観光名所」を8つご紹介しました。

沖縄は見どころが多い分、どこに行こうか迷ってしまいますよね。

食事やアクティビティを満喫するのも良いですし、歴史的・文化的にも大事な場所なのでそういった建築や体験にふれるのも良いでしょう。

キレイな海を眺めながら、海岸でのんびりすごすのもおすすめです。

ひとつひとつの場所が離れていることも多いため、効率的なルートをあらかじめ決めておくと良いですよ。

本記事で紹介したスポットはどこに行ってもハズレ無しなので、沖縄旅行の際はぜひ参考にしてください。

運営事務局

Author of this article

運営事務局

全国のおすすめのアクティビティやカテゴリー別の特集記事・そのほか、その土地で食べれる美味しいお店や観光スポットなど、失敗しない旅行の為の情報を随時お届けします。

Recommended articles